シンプルに、素直に、感謝して

 

「人を喜ばせること」を超えて
感じて動きたくなる「感動」を

もう二度と会えない、
そのつもりで
今日も、笑顔で話をさせて頂いた

長門市、総会での講演終了後、すぐ病院へ


「ウイルスが原因で毛細血管が異常に増えてて止血が難しかったが、
腫瘍を全部切り除いたから再発はないだろう」との事。

安心したのと、多くの方に心配かけてしまい申し訳なかったのと・・・。


・・・・・
陰陽
人生はバランス
「平凡」の、最上の幸福感



「あと一週間の命だとしたら?」

自分のど真ん中の「気持ち」に聴いた結果、

「家族と一緒にご飯とみそ汁を食べながら会話したい」
「両親にありがとうを伝えたい」
「生まれ育った大自然、山と海に帰りたい」
「友人や大切な人、届けていない言葉を伝えに行きたい」
「ただのお父さんとして、子どもの応援に行きたい」
「人生最後の直前まで、古典を深く学びたい」・・・


先週末、その全部をやりきった


そして、またリ・スタート
一つ一つの仕事に集中

現場ではユーモアと緊張感を


究極まで研ぎ澄ませていくと
感性の深みが変わってくる


・・・・・
昨日の夜
自分の内側にいるオッサン?から聴こえてきた言葉

「確かにお前さんの情熱も愛情もよくわかる。
でも、そこに自分の命を本当に懸けてたかい?」

と。
・・・・・
それを踏まえた上で、

もっと自分を解放し、
毎日すこぶる健康な状態で、
才能を100%活かし切って
好きなように生きる


シンプルに、素直に、感謝して。

・・・