どこまでも修行の連続

某中学校160名、性に関する教育講演
「よりよい人生を生きていくために
大切なこと」

今の学校現場と生徒、
シャレにならん現状をヒシヒシと感じつつ

オブラートに一切包まず
リアルな性についてド真剣に
命、愛、人間関係
人生がうまくいく考え方・・・

感動して泣いていた生徒にはもちろん
打ても響かない生徒にも
感情ではなく細胞に、打てば響くと信じて
今日はだいぶ振り絞って伝えた

中学時代の恩師と突然再会できたことと、
過去に私の講演を聴いてくれた数校の生徒たちが立派に成長し挨拶に来てくれたことは、
本当に嬉しかった

それにしても
思春期・反抗期の現代の中学生に向けた
講演は、独特の難しさがある

どこまでも修行の連続

毎晩、一日を振り返り、反省

そして、一番大事な人を一番大事に。