「人」の「間」を創っていく 「人間」づくりが急務・・・

雪の降る中、今日は保育園発表会
7年連続、上3人は終わり下2人はあと3年

長男ハルキは毎週
クラブチームのサッカーの試合

7針縫った膝のケガからリハビリ復帰

私が長期出張の時はいつも、家族や社員に症状が現れる。その仕組みも意味も今では明確に理解できますが・・・

下4人は運動能力抜群の中、
長男だけ私に似て、見てて可哀想になる程
鈍臭く、残念ながらセンスなし

「努力するしか選択肢がない」
それが逆に良かったと思います

層の厚い5年生の中で、左サイドバック
ギリギリのレギュラー争いまで
なんとか這い上がってきました・・・

6年生の大会で勝ち進み、初の銅メダル獲得

どんなにいそがしくても

保育園と小学校の行事には
これまでもほとんど出席してきました

その時点で、
立派な経営者にはなれないかもしれません
利他の心で命を懸けて、国を守ろうとしている方々のような生き方も、今はまだできません

ただ、当たり前ではない感謝だらけの「ふつう」の家族の日常、ふつうの父親の役割

誰も代わりができない
子どもたちの「今」は今しかない

親の教育がすべて
最初から先生には期待してない

ただ、親がどれだけ哲学とポリシーを持ち
愛情を注ぎ、たくましく育てたとしても

地域、社会、丸ごと次元が変わらない限り
一人の子どもを幸せに育てるのは不可能
ということを、
政府や学校のシステム、先生や保護者の条件反射の悲惨な状態を、生でリアルに痛切に感じています・・・

時空間と存在

これからは本当に

「人」の「間」を創っていく
「人間」づくりが急務・・・