引き算の美学「わびさび」

デジタル情報革命バリバリの時代に、
なぜ、小さな町でアナログを選択してきたか・・・

 

まさに、「一周先の哲学」

 

ちょうど昨日読んでたHBR今月号巻頭の

ブータンと気仙沼の話ともシンクロ

 

それはある意味、表現を変えると

日本食の本来の健康に対する考え方や、

華道とフラワーアレンジメントの違い、と同じで

 

引き算の美学

 

「わびさび」

 

IoTとのバランス感覚、保管し合うシステム

 

ITと「認識」と、各階層へのアプローチ

 

私は、そのそれぞれに対しての「架け橋」
と「階段」が必要だと、この半年間特にそう感じてきました
(それを成す為の準備期間でもあるけど)

 

このまま、目に見える形で金融資本主義が破綻するのを皆で傍観するのか

それとも、第3の道を選択するのか

 

たとえ「問題意識」がなく個人主義を貫いたところで、

(例外を除き)上部構造や政治システムの

影響から逃れられず、99%は依存状態

 

「勇気を持つ」とか「勇気を出す」じゃ

全然追いつかんなぁ・・・と

 

「勇気そのもの」になる、特にリーダーは

最低その覚悟がないとムリ

 

その上で、小さな足元を

ひたすら愚直にやるだけ