「優しくて強い、男らしい男子」

仕事の後、長門市俵山まで応援に

長男は左サイドバックで5試合フル出場
センス0割ガッツ10割の懸命プレーで
スキルをカバーするフィジカルとド根性

 

次男は3年で唯一、5年生のBチームに入り

ポジションはトップで、華麗なテクニック連発

 

一番素晴らしかったのは、
ミーティングの監督の長い話を
二人だけしっかり頷きながら真剣に聴いていた、

その姿勢態度

 

少しずつ、「優しくて強い、男らしい男子」
に成長し、とても頼もしく感じました・・・